デイトレードで失敗しないために!デイトレードの真実とは?デイトレに真剣な個人投資家向けサイトです。
 デイトレードの基礎知識
デイトレード初心者向けデイトレ手法入門
デイトレード・マニュアル

  個人投資家向け緊急特別投資レポート『個人投資家が短期トレードを成功させる4つのポイント』

デイトレード初心者向けデイトレ手法入門編解説
団体:
個人株式投資家のための
日本株短期売買研究会

社名:
ファーストアドバンテージ (有)
代表:酒井利夫
所在地:
〒949-0303 
新潟県糸魚川市田海2886-1
TEL:025-562-2715

info1advantage.info

※メールアドレスはinfoの後ろは@「アットマーク」、@の後ろは数字の「1」です。

デイトレード手法 01
デイトレード手法 02
デイトレード手法 03
デイトレード手法 04
デイトレード手法 05


デイトレードで損を出す方法

デイトレードで損を出す方法はたくさん存在するが、利益を出す方法は極めてわずかしかない。そしてそれを維持する方法はさらに少ない。

個人投資家はセミナーに参加したり、本を買ったり、教材を買ったり、システムを購入したりして毎年何十万円も時には何百万円も費やしているがしっかりと元を手にしている投資家はほとんどいない。

その理由はシステム、手法、ルールというのは明確で数値的で客観的なので学習が簡単だからである。

以下にトレードで損を出す方法を紹介する。


(1)行動計画が無い
計画を立てずにトレードすると成功するチャンスはほとんど無くなる。一発大儲けを狙いたまたま運よく利益を手にすることはある。しかし、それが続く見込みはほとんど無い。
計画がないと噂や、他のトレーダーの意見、アドバイザーのもたらす情報やシステム、メディアの報道などの先入観にトレードが大いに影響を受ける。

トレードにおける計画とはエントリーと手仕舞い、そしてロスカット、さらには資金管理について客観的な評価を持つ自分なりのシステムやトレードルールを言う。


(2)情報を読み多数意見に従う
マーケットには専門家、素人、半プロ、初心者、熟練者等がたくさんいる。これらの大勢の他者の意見と情報を取り入れると上手く行きそうな気がするか実際には逆であり、この方法でトレードをすると投資家は混乱することになる。
あれもこれも機能を取り入れた家電製品が使いづらいのと同じである。

トレードとは単独で行なうゲーム。できるだけ外部の情報と影響をシャットアウトして自分のトレードの役に立つ指標やシステム、ツールを自分で見つけ出さねばならない。


(3)利益をすぐに確定し、損失を長持ちする
ほとんどのトレーダーは不安と恐怖で心が一杯になる。間違ったトレードを行い、損を出し、自尊心が傷つくことを恐れるとロスカットが遅れる。
遅れれば遅れるほど含み損が拡大する。そのうちにマーケットが反転してこの損を帳消しにしてくれると願うがたいていの場合、損失がさらに膨らむ。
これを何度か経験すると含み益を抱えているときには逆にすぐに利益を確定し、自尊心を満たそうとする。
トレードは心理面の影響がとても大きいのである。


(4)過去にパフォーマンス成績の良いシステム、アドバイザーに執着する
大数の法則をご存知だと思う。大数の法則とはある試行において事象が起きる確率(数学的確率、理論的確率などともいう)が p であり、その試行は、繰り返し行ったとしてもある回の試行が他の回の試行に影響を及ぼすことがない(独立試行)ものとする。このような前提条件の下で、その事象が起きる比率が試行回数を増やすにつれて近づく値(統計的確率あるいは経験的確率)は p である。つまり、各回の試行において各事象の起こる確率というものが、試行回数を重ねることで、各事象の出現回数によって捉えられるというのが大数の法則の主張するところである。
例えば「コイン投げ」、つまりゆがみも偏りもない"理想的なコイン"を投げて出る表裏を当てるゲームを行うとする。ここで、"理想的なコイン" とは「それを投げるとき、各回の試行において表が出る確率も裏が出る確率もともに 1/2 である」という確率モデルそのもののことである。このとき、コイン投げの試行回数を限りなく増やせば、表が出る回数と裏が出る回数の比率はどちらも 1/2 に近づく。実際にコイン投げをしたとき、(微視的に)一部分だけ見たときには出方が偏って見えることがあったとしても、全体として(巨視的に)見れば、試行結果というものは各事象の起きる確率によって支配されているのだ、ということもできる。
(以上、ウィキペディアより引用)
つまり、今までの成績がよければ今後は50%の確率に戻るべく運用成績は下がる可能性が大きいということ。


(5)天井と底を取ろうとする
天井と底とは事後的に定義されるものであり、その時点ではそこが天井と底なのかは誰にも分からない。


以上






<免責条項>
・ 本文章の情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて読者が被ったいかなる損害についても、当社及び情報提供者は一切の責任を負いません。
・ 本文章内でご紹介している銘柄は、「推奨銘柄」ではありません。あくまでも、トレード技術を習得するための「材料・教材用の銘柄」です。また、本書に掲載の情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。
・ 本文章記載の方法やテクニックは利益をもたらすことを、保証あるいは示唆するものではありません。本書掲載の過去の事例は、必ずしもこれから先の結果を示すものでも、予測するものでもありません。
・ 本文章で使用されているトレード例は、トレード手法やトレード理論をわかりやすく説明するために当会では運用していない銘柄のチャート図、情報も混在しています。
・ 本文章にて提供される情報は、教育と一般的な情報提供を目的としています。
・ 株式、為替、先物、オプションの取引にはリスクが伴います。当社は本文章の情報を使った者の利益や損失の補填を保証することはできません。株式、先物、為替、オプションなどの取引には相当のリスクが伴います。取引を行う際には投資家ご自身の判断で自己責任のもとに行ってください。




注意事項
当ホームページに含まれる内容、情報は著作権法によって保護されています。日本株短期売買研究会の事前許可を得ずして、当ホームページの内容、情報の一部または全部を複製および転載して、出版、講演活動および電子メディア等による配信等に使用することを禁じます。

株式売買は大きな損失をもたらす可能性があり、本書に掲載の手法や理論がすべての人に適したものではないかもしれないということを、ご承知ください。最終的な投資判断は必ずご自身にてお願い致します。

本書内でご紹介している銘柄は、「推奨銘柄」ではありません。あくまでも、トレード技術を習得するための「材料・教材用の銘柄」です。
本書に掲載の情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。
当会及び当会会員は誤った、また不完全な情報により発生するいかなる損失についても、責任を負うものではありません。本書記載の方法やテクニックは利益をもたらすことを、保証あるいは示唆するものではありません。本書掲載の過去の事例は、必ずしもこれから先の結果を示すものでも、予測するものでもありません。

使用または表示されるトレード手法例やトレード理論は、トレードの教育のためであり、特定の銘柄の売買を勧誘するものではありません。本書で使用されているトレード例は、トレード手法やトレード理論をわかりやすく説明するために例示したものであり、必ずしも実際に行われたものではないものが混在しています。本書の情報は、表示されているような利益を保証したり損失が起こるという保証をするものではありません。
文中や説明で表示されている場合も、利益の達成を保証するものではありません。当会や本書の執筆者は書かれている情報により、利益、損失、期待する結果などを、読者に保証するものではありません。

読者は、取引による損失を含むすべての危険を、自己の責任として負うものとします。本書の情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当会及び情報提供者は一切の責任を負いかねます。ホームページに記載されている内容の著作権は、日本株短期売買研究会及び日本株短期売買研究会の代表に帰属します。当該掲載情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じています。

■通信販売の法規(訪問販売法)に基づく表示は、こちらをご覧下さい。

■日本株短期売買研究会の活動概要についてはこちらをご覧下さい。

■株式投資を成功させる4つのポイント/日本株短期売買研究会の公式サイトはこちらをご覧下さい。

株式投資初心者の入門編としても分かり易い!「速習・デイトレード手法完全マスター」
copyright 2008~ All Rights Reserved by ファーストアドバンテージ有限会社

デイトレード初心者に役立つサイト  スイングトレード初心者に役立つサイト